Publications  

研究業績、研究発表

 原著論文

18. Takeuchi Y, Hata H., Maruyama A., Yamada T.,
   Nishikaw T., Fukui M., Zatha R., Rusuwa B., Oda Y.
   Detailed movement and laterality of fin-biting
   behaviour with special mouth morphology in
   Genyochromis mento in Lake Malawi. The Journal
  of Experimental Biology
. (in press)

17. Takeuchi Y., Ishikawa A., Oda Y., Kitano J. (2018)
   Lateralized expression of left-right axis formation genes
   is shared by adult brains of lefty and righty scale-eating
   cichlids. Comparative Biochemistry and Physiology, part D.
   28: 99-106. (article)
   (Most downloaded article in the past 90 days)

16. Takeuchi Y., Oda Y. (2017)
   Lateralized scale-eating behaviour of cichlid is acquired
   by learning to use the naturally stronger side.
   Scientific Reports. 7: 8984. (article)
   プレスリリースを行いました。

15. Hori M., Nakajima M., Hata H., Yasugi M.,
  Takahashi S., Nakae M., Yamaoka K., Kohda M.,
  Kitamura J., Maehata M., Tanaka H., Okada N, Takeuchi Y.
   (2017) 
  Laterality is universal among fishes but increasingly
  cryptic among derived groups. Zoological Science.
  34: 267-274. (article) 
   Zoological Science Award 2018 を受賞

14. Ichijo H., Nakamura T., Kawaguchi M., Takeuchi Y.
  (2017)
   An evolutionary hypothesis of binary opposition in    
   functional incompatibility about habenular asymmetry in
   vertebrates. Frontiers in Neuroscience. 10: 595 (article)

13. 一條裕之、中村友也、竹内勇一、川口将史. (2016)
  統合型カリキュラムにおける能動的学修:解剖学実習を活用した展開
  (Active Learning in Integrated Curriculum: Making the Use
  of Human Anatomy Practice) 医学教育 47: 343-351.

12. Takeuchi Y., Hori M., Tada S., Oda Y. (2016)
   Acquisition of lateralized predation behavior associated
    with development of mouth asymmetry in a Lake
    Tanganyika scale-eating cichlid fish. PLoS ONE.
   11: e0147476. (article)
   プレスリリースを行いました。詳しくはこちら

11. Hata H., Yasugi M., Takeuchi Y., Takahashi S.,
  Hori M. (2013)
  Measuring and evaluating morphological asymmetry
  in fish: distinct lateral dimorphism in the jaws of
  scale-eating cichlids. Ecology and Evolution. 3: 4641-4647.
  (article)

10. Matsui S., Takeuchi Y., Hori M. (2013)
  Relation between morphological antisymmetry and
   behavioral laterality in a Poeciliid fish. Zoological Science.
   30: 613-618. (abstract)

9. Takeuchi Y., Hori M., Oda Y. (2012)
  Lateralized kinematics of predation behavior in a Lake
  Tanganyika scale-eating cichlid fish. PLoS ONE. 7: e29272
  (article) 
  プレスリリースを行いました。詳しくはこちら

8. Tobo S., Takeuchi Y., Hori M. (2012)
  Morphological asymmetry and behavioral laterality in
  the crayfish, Procambarus clarkii. Ecological Research.
  27: 53-59. (abstract)

7. Sawa Y., Takeuchi Y., Nakamura H. (2011)
   Nest site selection and nesting biology of Rock Ptarmigan
   Lagopus muta japonicus in Japan. Bird Study. 58: 200-207.
   (abstract)

6. Takeuchi Y., Ochi H., Kohda M., Sinyinza D., Hori M.
   (2010) 
   A 20-year census of a rocky littoral fish community in
   Lake Tanganyika. Ecology of Freshwater Fish.
   19: 239-248. (abstract)

5. Takeuchi Y., Hori M., Omar M., Kohda M. (2010)
   Lateral bias of agonistic responses to mirror images and
    morphological asymmetry in the Siamese fighting fish
    (Betta splendens). Behavioural Brain Research.
    208: 106-111.
(abstract)

4. Takeuchi Y., Tobo S. & Hori M. (2008) 
   Morphological asymmetry of the abdomen and
   behavioral laterality in atyid shrimps. Zoological Science.
   25:355-363. (abstract) Cover Photograph


3. Takeuchi Y. & Hori M. (2008) 
   Behavioural laterality in the shrimp-eating cichlid
   fish Neolamprologus fasciatus, in Lake Tanganyika.
   Animal Behaviour. 75:1359-1366. (abstract)

2. Takeuchi Y. & Hori M. (2007) 
   Spatial density-dependent survival and development at
   different larval stages of the tiger beetle Cicindela 
   japonica
(Thunberg). Population Ecology. 49:305-316.
  (abstract)

1. Takeuchi Y., Arikawa K. & Kinoshita M. (2006) 
   Color discrimination at the spatial resolution limit in
   a swallowtail butterfly, Papilio xuthus.
   Journal of Experimental Biology.
209:2873-2879.
   (article)
 著書

4. 【6章】行動: 逃避行動
  魚類学の百科事典 一般社団法人日本魚類学会(編集)  丸善出版
  2018年



3. 右利きと左利きの脳内制御機構
  ブレインサイエンス・レビュー2015 クバプロ 2015年



2. "利き手"は進化の証!? 
  もっと!科学の宝箱 (ラジオ番組の書き起こし) 講談社 2014年
  (紹介あり:現代ビジネス

   
1. シクリッドの捕食被食関係における左右性の役割 
  魚類行動生態学入門 (分担執筆) 東海大学出版会 2013年

学会・研究会発表
63.  竹内勇一 右利き・左利きの発現メカニズム 生命融合科学
   教育部シンポジウム 富山 2019年1月

62.  竹内勇一 鱗食性シクリッド科魚類の「利き」の発現に関わる
   後天的影響 北陸エピジェネティクス研究会 富山 2018年12月

61. 山田拓人、畑啓生、丸山敦、西川巧馬、Richard Zatha、
   Bosco Rusuwa、福井眞生子、小田洋一、竹内勇一 マラウィ湖の
   鰭食い魚における捕食行動の「利き」 日本動物行動学会 京都 
   2018年9月

60. 竹内勇一 鱗食性シクリッドにおける襲撃方向の選択と左右性
   の獲得 日本動物学会 札幌 2018年9月(招待講演

59. 竹内勇一、北野潤、石川麻乃、小田洋一 鱗食魚の右利き・左利き
   で共通した非対称な脳内遺伝子発現 日本神経科学学会 神戸 
   2018年7月

58. 竹内勇一、畑啓生、丸山敦、山田拓人、西川巧馬、
   Richard Zatha、Bosco Rusuwa、小田洋一 マラウィ湖産
   ヒレ食シクリッドの捕食行動の左右性 日本生態学会 札幌 2018年3月

57. 西川巧馬、丸山敦、畑啓生、Richard Zatha、
   Bosco Rusuwa、小田洋一、竹内勇一
   魚食・鱗食・ヒレ食のシクリッド3種における口部形態の左右差の比較
   日本生態学会 札幌 2018年3月

56. 竹内勇一、畑啓生、丸山敦、山田拓人、西川巧馬、
   Richard Zatha、Bosco Rusuwa、小田洋一 マラウィ湖に生息する
   ヒレ食シクリッドの左右性 日本動物学会 富山 2017年9月

55. 竹内勇一 鱗食魚の発達過程における捕食行動の左右性の獲得
   第3回ユニークな少数派実験動物を扱う若手が最先端アプローチを勉強
   する会 岡崎 2017月8月

54. 竹内勇一、小田洋一 鱗食性シクリッドにおける鱗食経験により
   獲得される捕食行動の左右性 日本神経科学学会 千葉 2017年7月

53. 竹内勇一、小田洋一 タンガニイカ湖産鱗食魚における鱗食経験に
   基づく行動の左右性の強化 日本生態学会 東京 2017年3月

52. 一條裕之、川口将史、竹内勇一、中村友也 解剖学実習を活用
   したPBLの意義 日本医学教育学会 大阪 2016年7月

51. 一條裕之、川口将史、竹内勇一、中村友也 解剖学教育における
   反転授業の実践 日本医学教育学会 大阪 2016年7月

50. 竹内勇一、小田洋一 鱗食性シクリッドにおける発達を通じた
   捕食行動の左右性の獲得 日本神経科学学会 横浜 
   2016年7月

49. 竹内勇一、北野潤、石川麻乃、小田洋一 RNA-Seqによる鱗食魚
   の利きの発現に関わる脳内遺伝子の探索 日本生態学会 仙台 
   2016年3月

48. 竹内勇一、小田洋一 鱗食魚における捕食行動の左右性の確立に
   関わる内的・外的要因 日本動物学会 新潟 2015年9月

47. 竹内勇一 タンガニイカ湖産鱗食魚の左右性の獲得過程とその
   要因  富山大学若手研究者等の学術交流・発表会 富山 
   2015年9月 (ポスター賞

46. 竹内勇一 タンガニイカ湖産鱗食魚における行動の左右性
   の神経基盤  ユニークな少数派実験動物を扱う若手が最先端アプ
   ローチを勉強する会
 岡崎 2015年8月

45. 竹内勇一、堀道雄、多田真也、小田洋一   鱗食魚における捕食
   行動の左右性の獲得~野外調査と行動実験による検証~
   日本神経科学学会 神戸 2015年7月

44. Yuichi Takeuchi, Michio Hori, Shinya Tada, Yoichi Oda.
   Acquisition process of lateralized predation behavior in
   a scale-eating cichlid fish.
   The 2nd tenure track system international symposium.
    Toyama, Japan. March, 2015

43. 竹内勇一、堀道雄、小田洋一   鱗食シクリッドの非対称な
   捕食行動と顎形態の発達 日本神経科学学会 横浜 2014年9月

42. Yuichi Takeuchi, Michio Hori, Yoichi Oda.
   Increased behavioral laterality and mouth morphology
   with development in Lake Tanganyika scale-eating
   cichlid fish.
   11th International congress of Neuroethology. Sapporo,
   Japan. August, 2014

41. 竹内勇一、堀道雄、小田洋一 鱗食性シクリッドにおける
    左右性の発達要因とその過程 日本生態学会 広島 
    2014年3月

40. 竹内勇一、堀道雄、小田洋一 鱗食シクリッドにおける
   左右性の獲得 日本動物学会 岡山 2013年9月

39. 竹内勇一、堀道雄、小田洋一 鱗食性シクリッドが示す
   左右非対称な捕食行動の獲得過程 日本生態学会 静岡
   2013年3月

38. 竹内勇一、堀道雄、小田洋一 タンガニイカ湖産鱗食魚の
   捕食行動における利きの発達 日本動物行動学会 奈良
   2012年11月

37. 竹内勇一 Laterality of predation behavior in a
   scale-eating fish. 日本味と匂学会 大阪 2012年10月
   (招待講演

36. 竹内勇一、渡邊貴樹、積木理人、小田洋一 鱗食魚の捕食
  行動による後脳マウスナー細胞の神経活動 日本神経科学学会 
  名古屋 2012年9月

35. 竹内勇一  鱗食魚の左右性の神経基盤を探る 日本動物
  学会 大阪 2012年9月(招待講演

34.Yuichi Takeuchi, Michio Hori,Yoichi Oda.
  Mechanism of lateralized predation behavior in a
  Lake Tanganyika scale-eating cichlid fish. The 14th
  International Behavioral Ecology Congress. Lund,
  Sweden. August, 2012.

33. 竹内勇一、渡邉貴樹、堀道雄、小田洋一 鱗食シクリッドに
  おける視覚に依存した捕食行動の左右性 日本生態学会 大津 
  2012年3月

32. Yuichi Takeuchi, Michio Hori,Yoichi Oda.
  Lateral bias of predation behavior in a scale-eating cichlid
  in Lake Tanganyika.  Formation and Function of Brain
  Networks: From Genes to Behavior. GCOE International
  Symposium. Nagoya, Japan. January. 2012.

31. 竹内勇一 捕食被食関係に影響を及ぼすシクリッドの左右性
  日本魚類学会 弘前 2011 年10月 (招待講演

30. Yuichi Takeuchi, Daisuke Neki, Michio Hori,Yoichi Oda.
  鱗食魚における捕食行動の右利き・左利き(Righty and lefty of
   hunting behavior in the scale-eating cichlid fish).
  日本神経科学大会 横浜 2011年9月

29. Yuichi Takeuchi, Michio Hori,Yoichi Oda.
  Lateral difference in hunting behavior in the
  scale-eating cichlid fish, Perissodus microlepis, in
  Lake Tanganyika. the 8th International Congress
  of Comparative Physiology and Biochemistry. Nagoya,
  Japan. May, 2011. (Symposium Speaker)

28. 竹内勇一、堀道雄、小田洋一 鱗食性シクリッドの右利き・
  左利きにおける捕食行動の運動解析 日本生態学会 札幌 
  2011年3月

27. 竹内勇一、堀道雄、小田洋一 鱗食魚における捕食の行動学的
  解析:著しい左右二型 日本動物行動学会 那覇 2010年11月

26. 竹内勇一、越智晴基、幸田正典、Sinyinza Danny, 堀道雄 
   アフリカ・タンガニイカ湖沿岸における魚類群集の過去20年間
   での変遷  日本動物学会 東京 2010年9月

25. 矢田真善美、竹内勇一、高橋智 エビとエビ食魚の左右性の
   齢構造モデル 数理生物学会 札幌 2010年9月

24. 竹内勇一 Behavioral dimorphism based on cerebral
  lateralization of scale eating cichlid fish in Lake Tanganyika.
  名大GCOE 第4回リトリート 豊橋 2010年9月

23. Yuichi Takeuchi, Michio Hori, Omar Myint,
  Masanori Kohda.  Correlation between the lateralized
  eye use during agonistic response and its morphological
  asymmetry in Siamese fighting fish.  9th International
  Congress of Neuroethology. Salamanca, Spain.
  August, 2010.

22.  竹内勇一、堀道雄、Omar Myint、幸田正典 闘魚の形態的
   左右非対称性に対応した威嚇誇示 日本生態学会 東京
   2010年3月

21. 矢田真善美、竹内勇一、堀道雄、高橋智 ヌマエビの左右性の
   遺伝システムのモデル 個体群生態学会 京都 2009年10月

20. 竹内勇一、堀道雄 水生動物の左右性の動態
   日本数理生物学会 東京 2009年9月 (招待講演

19. Masami Yata, Yuichi Takeuchi, Michio Hori,
  Satoshi Takahashi. Models of genetic system about atyid
  shrimps, Limnocaridina latipes. The 10th International
  Congress of Ecology. Brisbane, Australia. August, 2009.

18. Yuichi Takeuchi & Michio Hori. Evolution of
  mouth laterality in cichlids in Lake Tanganyika.
  The 3rd International Symposium of the Biodiversity 
  and Evolution Global COE project "from Genome to
   Ecosystem".  Kyoto. July, 2009.

17. 松井彰子、竹内勇一、堀道雄 カダヤシ科魚類における行動の
   左右性と形態の反対称性 日本生態学会 盛岡 2009年3月

16. 竹内勇一、越智晴基、幸田正典、堀道雄 タンガニイカ湖
   沿岸域魚類の長期定点調査による群集構造の解明
   日本生態学会 盛岡 2009年3月

15. Yuichi Takeuchi & Michio Hori. The influence of
   laterality on predator-prey interaction between
   shrimp-eating cichlids and their prey shrimp in Lake
    Tanganyika. The 2nd International Symposium of the
   Biodiversity and Evolution Global COE project "from
   Genome to Ecosystem".  Kyoto. November, 2008.

14.  竹内勇一、堀道雄 タンガニイカ湖産エビ食シクリッド5種と
   それらに捕食されるヌマエビの左右性の動態 日本魚類学会 
   松山 2008年9月

13. 竹内勇一、堀道雄 エビ食シクリッド3種とヌマエビの捕食被食
   関係に対する左右性の影響 日本動物学会 福岡 2008年9月

12. Yuichi Takeuchi & Michio Hori. Hunting laterality in
   the shrimp-eating cichlid fish Neolamprologus fasciatus,
   in Lake Tanganyika. 12th International Behavioral
   Ecology Congress. Ithaca, USA. August, 2008

11. 竹内勇一 タンガニイカ湖沿岸域魚類群集の垂直分布と持続性
   :長期センサスから分かってきたこと 日本生態学会近畿地区会
    京都 2008年7月

10. Yuichi Takeuchi & Michio Hori. Dynamics of laterality
   among five shrimp-eating cichlids and their prey shrimp
   in Lake Tanganyika. The 1st International Symposium
   of the Global COE Project “from Genome to Ecosystem.”
   Kyoto. March, 2008.

9.  竹内勇一、堀道雄 ヌマエビの逃避行動における左右非対称性と
   捕食被食関係への影響 日本生態学会 福岡 2008年3月

8. 竹内勇一、堀道雄 ヌマエビ類の左右性と群集構造との関係
   日本生態学会 松山 2007年3月 (ポスター優秀賞、受賞作品) 

7. 竹内勇一、堀道雄 タンガニイカ湖産エビ食魚の捕食行動におけ
   る左右非対称性とその要因 日本動物学会 松江 
   2006年9月 (口頭発表)  

6. 竹内勇一、堀道雄 タンガニイカ湖産エビ食魚の捕食行動における
   左右非対称性 日本生態学会 新潟 
   2006年3月 (ポスター最優秀賞、受賞作品)  

5. 竹内勇一、堀道雄 タンガニイカ湖産エビ食者魚類の左右性の動態と
   その機構 日本生態学会 大阪 
   2005年3月 (ポスター優秀賞、受賞作品

4. 竹内勇一、堀道雄 ハンミョウ幼虫期の成長と死亡に影響する密度依
   存的な作用(その2) 日本動物学会 神戸 2004年9月

3. 竹内勇一、堀道雄 ハンミョウ幼虫期の成長と死亡に影響する密度依
   存的な作用(その1) 日本生態学会 釧路 2004年8月

2. 竹内勇一、堀道雄 ハンミョウ幼虫における巣孔の空間的動態 
   日本生態学会 つくば 2003年3月

1. 竹内勇一、木下充代、蟻川謙太郎 アゲハの色識別に必要な最小視
   角度の測定 日本動物学会 博多 2001年9月
紀要

1. 蟻川謙太郎、木下充代、竹内勇一 チョウの見る世界を探る. 
   遺伝56巻3号

科研費報告書

1. Y. Takeuchi & M. Hori. Dynamics and mechanism of
  laterality in shrimp-eating cichlid fish in Lake Tanganyika.  
  Ecological and limnological study on Lake Tanganyika and
  its adjacent regions. Vol. ]U. 
March 2005.
研究以外の賞罰

1.  第56回日本生態学会 サテライト企画 親善フットサル大会
  エコカップ2009 盛岡 
  優勝(エンジョイクラス) 担当:ゴレイロ