2018/12/12
マラウィシクリッドの今年の調査分が届く。盛りだくさんでテンションが上がる。これが
例の死にマネの!!

2018/12/10
仕事をしないヒトに仕事をさせるのって、どうすればいいのだろう。 マジで仕事してほしい。

2018/12/9
日本動物学会の授賞式と受賞講演。本来ならば9月の札幌だったが地震のため中止
となり、東京での代替大会となった。YouTubeで配信されてしまうというプレッシャーから、
柄にもなく緊張。日本動物学会奨励賞は一つの目標でもあったため、とてもうれしい。

2018/12/6
自分の研究成果を10分に凝縮する作業。必死。でも、ネタを組み込むことも忘れては
いない。
高輪ゲートウェイ?? なにそれ、食べれるの?

2018/12/4-5
北陸エピジェネティクス研究会に初参戦。利きが後天的に変化しうることが分かって
きた今、少しずつでも勉強した方がいいかという試み。懇親会まで参加させていただく。
賛否はあるだろうが、当初カマキリとされた昆虫の化石に昆虫好きの芸能人の名前を
つけたのは面白い試みと思う。 一般の人でも注目するし。

2018/12/2
高岡市美術館、藤子・F・不二雄 ふるさとギャラリーに行く。完全に大人向けだった。

2018/12/1
あの問題がこちらにも波及してくるか。ちらっと見ただけでも、ヤバさが伝わってくる。
専門用語の使い方って大事。厳密にすべき。

2018/11/30
Journal of Ecology(植物の専門誌)のサイト、見るのすら初めて。
動物学会の代替大会、ポスターを作らなきゃいけないの、完全に忘れてた。9月に作り
かけてそのままだ。まずい。

2018/11/27
来たぜ!Accept。やったね。

2018/11/26
ゲノム編集ベビー。研究者のやってることがむちゃくちゃすぎるし、それを擁護する学会が
あるとしたら終わってる。

2018/11/25
これまで、そこまでフォントにはこだわってこなかったつもり。しかし、新PCのWin 10の
Yu Gothic UIが見にくすぎて発狂す。いろいろやって、システムフォント自体をメイリオに
変えることができると分かり、快適。 メイリオ最強。

2018/11/22
細かい指摘だけど、これで論文のクオリティが上がるのならばウェルカムである。

2018/11/21
査読の2件目はすんなりでよかった。
京大の学園祭のテーマ「(当局により撤去されました)」は、センスが面白い。 中身は
分からないが。

2018/11/20
誰でも当たるのであっても、それはそれであり。バラマキとは違う。

2018/11/19
よかれと思って発売直後のOffice 2019。まったくうまくインストールできず。
サポートも使えず。情報基盤の方に聞いてようやくできた。

2018/11/18
やっぱり「丹波篠山市」になりそう。住んでる妹は大喜び?

2018/11/17
日本動物学会近畿支部の公開講演会。前の講演者の先生のトークが上手で直前に
焦る。質疑応答には10人以上の方々から挙手があり、ほっとした。あれだけ議論できる
と楽しい。でも日帰り。

2018/11/16
殴り合いのケンカでも目の前で始まるのかと思った(メール上で)。これは触れようが
ない。 話しに割って入ったら負け。

2018/11/15
マイクロCTの画像を送ってもらう。やはりすごいインパクト。
勉強のモチベーションを維持したいという学生さんに見学してもらう。目の前で見る本物は違う。
やる気のある学生には全員に見てもらいたいくらい。

2018/11/13
サクッとしたコメントのみだったのに、他の仕事が忙しすぎて論文を再投稿するのに時間
がかかってしまった。科研費は手を抜けない。

2018/11/12
武田科学振興財団研究助成の贈呈式。立派な会だった。医学系でもらっただけに、まわり
はMDだらけで困惑したが、他大学の解剖実習の話が聞けたのはよかった。

2018/11/11
ジンベエザメが迷い込んだ鳥取の河口に行きたい。

2018/11/10
北陸エピジェネティクス研究会でも発表することとなった。仕事入れすぎ感がすごい。
何でも引き受けすぎたかも。

2018/11/8
呼吸器の講義を行う。1年生用。 レジュメをやたらと褒められた。
イッテQ!好きなんだけど。

2018/11/4
新しいPCのセットアップに手間取る。

2018/11/3
結局ソフトバンク強すぎ。。。

2018/11/1-2
龍谷大にて、新しいアフリカ湖プロジェクトの打ち合わせ。まさか、幻の魚と考えていた
ヤツが、琵琶湖博物館にいたなんて。今回の一番の収穫は、これだったかも。

2018/10/31
生態学会の演題登録。完全に忘れていたが、今日が〆切りだった。あぶない。
科研費書類ともお別れする。現時点ではやりきった。

2018/10/30
国際生物学賞を受賞された方の研究が面白い。初期生命進化に関する化石の研究。
毎年のことではあるが、選考が素晴らしいと思う。

2018/10/26
考えが煮詰まりすぎて、ディスプレイ用水槽を作る(しまった)。

2018/10/25
今回のドラフトはバランスが良かった。期待感が募る。

2018/10/24
産みの苦しみと闘う。思考をとめない。諦めない。

2018/10/23
医学部不正入試問題は、どんどん広がりそう(少なくても私立では)。

2018/10/22
動物学会の代替開催の参加者は、やはり関東が中心のようだが、北海道から沖縄
まで遠方の大学関係者もいるみたい。
機密度3の情報(大学運営に影響)を含む顕微鏡写真やプレパラートって、何が
入ってるんだろう。おもしろすぎる。

2018/10/21
パリーグを制して、今年こそ日本一になれると信じて疑わなかったのに。がっかり。

2018/10/20
ため息しか出てこない大改訂。進まない。

2018/10/18
1月のシンポジウムのことを少しだけ考える。月末までは全力で科研費。
もしかして当たった!?

2018/10/17
あのヒドかったやつ、またか。。。


2018/10/16
今年もSPD面接の相談が舞い込む。これで、8年連続??レアキャラの系譜はまだ
まだ続くのかも。
応援する。

2018/10/15
総研大へ。英語で2時間半の講義というのは初めての経験で、かなり準備したけど
さすがに全部は覚えきれず。もっとがんばろう。
講義のメッセージとしては、「研究テーマに最適な研究対象をちゃんと選んでいます
か?」ということ。


2018/10/14
学長選の公開討論会に行きたいが、そんな余裕はない。出張講義は明日。

2018/10/12-13
解剖学会中部支部会のお手伝い。「動物の形」という共通項以外は、テーマは何でも
ありな集会であった。働き手は充分だったようで、科研費書類の内職が捗った。
懐かしい後輩に会えたことが一番の収穫だった。

2018/10/11
メインPCの使用年数が8年目に入った。そろそろ怖いので、新しいPCを考えることに。

2018/10/10
魚類の逃避行動について書いた『魚類学の百科事典』が明日発売。著者はなんと
221人。それらをまとめるだけでも大変な内容。ただ、高い。買うかどうか相当迷う。


2018/10/9
新しいシクリッドプロジェクトの研究費が採択されたようだ。分担者としてきっちり働きます。

2018/10/7
鱗食魚のRNA-seq論文が、「most downloaded article」に選ばれているという連絡を頂く。
うれしいけど、なんでだろう。競争相手のグループ?それともNodalやNetrinの関係者?


2018/10/5
出張講義では、動物行動学概論まで要求されてしまったが、大丈夫か?

2018/10/4
英国から戻ってきた論文は、いい戦いをしてきたようだ。さっさと直したいけど、時間がなさ
過ぎる。


2018/10/3
新しい共同研究が始まる??

2018/10/2
本格的に講義の準備を始める。そのための英語の教科書を2冊購入。こうして、
謝金分は消えていくのである。


2018/10/1
ノーベル医学賞は、ずっと大本命だった本庶さん。さすが。


2018/9/28-30
動物動学会への参加は、6年ぶり(とか言うと、誰かに叱られそうだが実習でやむなし)。
ここでしかゆっくり話せない人たちもいるので、そういう意味では貴重だった。
3日目は台風の影響で中止。今年は天候や天災に振り回される。

西武ライオンズ、パ・リーグ制覇!10年待った!!

2018/9/23
五箇山散策。ちょっとだけ山に入るだけで、異世界が広がっていた。建造物にしても文化
にしてもよく現代まで残っていると感心する。


2018/9/22
動物行動学会でのポスターの材料作りを手伝う。

2018/9/19
動物学会、東京での代替大会が決まった。楽しんでもらえるよう頑張ろう。

2018/9/18
あんなファイターでも、がんは克服できないのか。

2018/9/16
ぶどう園で食べるシャインマスカットが、マジで最高にうまい。

2018/9/15
査読している論文が問題だらけで頭痛がする。合ってる方が少ないって。。。


2018/9/14
会長から急に電話があってビビる。

2018/9/13
久しぶりに学内選考突破。ここまでずいぶん負け込んだ。医学部はつらい。

2018/9/12
学会のマスコットキャラクター?そんな(先進的な)の聞いたことない。

2018/9/11
科研費申請について、チーム構成からじっくり考える。今週はすぽっと時間ができた
ので、考える時間がある。


2018/9/8
横市大理系OB会。キャンパスに入るのは、12年ぶり。校門にはたくさん学生が
いたので、聴衆が多いと緊張するなと考えていたら、関東体育会のイベントもやっ
ていてそっちの人たちだった。
会合としては,、楽しくトークでき、懐かしい方々にも会えて有意義。次にここに来る
のは、10年後の100周年記念会?


2018/9/7
やはりというか、動物学会の札幌開催は中止か。現地大会委員と理事の決定ならば、
それが現状の最善と思う。でも残念。
授賞式や受賞講演は来年に持ち越しだろうか。ある意味記憶に残るか。


2018/9/6
北海道で震度7の大地震。しかも震源地が札幌から近い。動物学会まであと1週間。
どうなるんだろうか。。。


2018/9/5
ORCID IDが必須って、正直めんどくさい。
動物学会のシンポとともに、横市大での講演準備を大急ぎで進める。大学時代の
写真とか、懐かしすぎて恥ずかしいが、オチとして公開予定。

2018/9/4
別の英国雑誌に出撃。雑誌のねらいとも合うはずで、良い勝負が期待できる。

2018/9/3
札幌での感謝祭が楽しみで、テンションが上がる。

2018/9/2
この雑誌は、やはり多種比較がないと難しいか。路線変更。

2018/8/31
静かだった8月が終わり、多忙な9月の幕がついに開ける。

2018/8/30
論文を英国に向けて出撃させる。
一息つくまもなく、査読以来。これは、、、また断れない内容。

2018/8/27
乳がんは、年齢お構いなしで怖い。

2018/8/26
サマータイムはゼッタイ反対。無意味どころか、マイナス要素しかない。

2018/8/25
英文校閲の新しいサービスを利用してみる。価格はそれなり。使えるかどうか。

2018/8/24
いらぬミスが指摘されて、ごめんなさい。
実験データを元に、シュミレーションするわけではない??

2018/8/23
共同研究者から突きつけられた実験結果は、とても悲しいものだった。がっくり。

2018/8/22
最高気温39.5度。もう、なにがなんだか。
CBP論文が出版されてから、どうもスパムメールが増えている気がする。

2018/8/20
助成金の学内選考、ほんとキライ。。。
銀河系軍団はやっぱり強かった。済美、お疲れ様。金足農が番狂わせを起こし
まくって面白い。

2018/8/18
相手チームのドラフト1位候補を抑えたのが大きかった。ベスト4。
でも次の相手は、銀河系軍団。。。

2018/8/17
常識の無いヒトは、ここまでか!っていうくらいヒドイ。
泣き寝入りは許さない。

2018/8/16
時間があいたせいで失敗続きだった実験がようやく安定してきた。
最終回までひっぱるのが済美の勝ち方。これでベスト8。

2018/8/15
大学にヒトが少なくて快適。

2018/8/13
Kineticsのデータが全てそろい、ようやく1本完成した。

2018/8/12
済美。タイブレークでの逆転満塁サヨナラ本塁打。感動しかない。
まだ上に行けそう。

2018/8/7
オープンキャンパス。参加者の半数以上が女性。そして、質問してくるヒトが
ほぼいない。静か。それが今回の印象。

2018/8/6
研究助成が思いがけず獲れて、飛びあがるほどうれしい。

2018/8/5
高校野球。タレント揃いの今年は楽しみすぎる。
さっそく済美が勝ってうれしい。

2018/8/3
がんばって査読を終わらせた。これが精一杯。

2018/8/1
基礎配メンバーに「脳出し」を見学してもらう。

2018/7/29
ハブのゲノム解読。これぞ、役に立つ基礎研究。

2018/7/26-28
神経科学学会で神戸へ。
魚関係者と議論できて良かった。来年は新潟開催。

2018/7/25
動物行動学会は、初めて学生の引率で参加。

2018/7/24
ポスター完成。今回は論文発表済みな内容だけに、比較的簡単だった。

2018/7/19
要旨を書いて、送ってしまう。
科研費申請について、とても良い話しを聞いた。トライするしかない。

2018/7/18
親魚の交換。滞りなく。
勉強したいヒトにはラボは開かれている、と理解してもらって構わない。


2018/7/17
どうしてプロらしく当たり前の事ができないのか、という話し。
最高37度が続く。夏バテしているのかも。つらい。

2018/7/15
諸々で査読を受けた。実際は、熱帯魚ってところくらいしかマッチしていないけど。

2018/7/14
公開シンポジウムに参加すれば、「神戸牛ローストビーフ丼または鯛めし弁当」が付いて
くる!、に釣られる参加者なんて、はたしているのだろうか?
公開シンポは、行くヒトは元々行くし、どうであれ行かないヒトは行かない。そのぶん
参加費が安い方が有り難いけど。

2018/7/13
ポスター部会長、思ってたよりも遙かに大変そう。いや、把握してなかっただけか。
先代たちはみんなえらい。

2018/7/11
講演依頼を受ける。これで9月3件、10月1件(出張授業)、11月1件。秋は大変そう。

2018/7/10
新しい共同研究を始めるべく、ノートに記したデータをExcelに起こす。
公開された論文のTable 1が変なことになっていて、直せないのか問い合わせをする羽目に。

2018/7/9
「これ論」の第2版が届く。本論とは関係なく、妙に気になっていたベガルタ推しは、改訂
されてなかった。ご時世的にはサムライJAPANでもいいと思うのだが(まあ、なんでもいい
けど)。


2018/7/8
タイ洞窟の少年救助。そうとう難しいミッションと思う。

もうProofが送られてきた。ほんと早い。この調子でページもすぐつきそう。悩んだが、
Color Chargeは支払うことにした。

2018/7/7
昨日の贈呈式の模様が、富山新聞に載っていた。写真には自分もちっさくうつっていた


2018/7/6
富山第一銀行研究助成の贈呈式。県内の大学学長がフル参加。とても厳かな雰囲気で
行われた。その後は、昨年度の研究成果発表会に参加。面白い研究が2,うーんという
研究が4。

2018/7/5
もの凄い土砂降り。大学近所の川も危険水域間近。各地では大きな被害が出ているらしい。

2018/7/4
送ってもらったテッポウウオ論文。図表がとてもキレイだった。
裏口入学って、いまの時代でもこんな形であるのか。

2018/7/3
日本vsベルギー。2点差をつけたときは、まさか勝つかと夢は見たけど。優勝候補は伊達
ではなかったということ。

2018/7/2
RNA-seq論文、受理!アクセプトは、何度でも毎回とてもうれしい。遺伝研のお二人
には特に感謝。

2018/7/1
横市大での講演スケジュールが決まった。どんな会になるのか楽しみ。
https://www.yokohama-cu.ac.jp/news/2018/pr/2018_symposium.html


2018/6/29
役員会。もうすこし実りがあると張り合いもでるのだけれど。

日本vsポーランド。ラストの印象は悪いが、それでも決勝Tに行くことが大事で、これで
よかった。


2018/6/27-28
名大とアクアトトで打ち合わせ。一気に見通しが立つ。新作はストーリーの組み立てを
変えることに。

2018/6/25
日本vsセネガル。強豪相手に引き明けは、よくがんばった。勝てた気もした。

2018/6/24
査読の結果が、早くももどってきた。ほぼ無傷のMinor Revision。ほんとにこの程度の
直しでいいの?と思ってしまうくらい。

2018/6/22
「国際トゲウオ会議2018に行きたい!」、と心の中で10回唱えたが、何も起きなかった。
本当に行きたいが、こっちで仕事がある。

2018/6/21
今度の基礎配属は、予想外な感じ。なぜでしょうね。。。

2018/6/19
きっと獲れるだろうという思惑はあったけど、ちゃんとそれが実現できて良かった(研究費)。
W杯。日本vsコロンビア。まさか開始5分でレッドカード、PKとは。相手は10人なのに、
結構おされていた。

2018/6/18
大阪北部地震、震度6弱。富山でも揺れた。

2018/6/17
投稿していた論文はすでにReviewにまわっていたようだ。心配だから、ちゃんと連絡
してほしい。

2018/6/16
今年は輸入が出来ない。大変無念。
ヒアリが2000匹コンテナから発見って、マジか。

2018/6/15
解剖実習の打ち上げに参加する。一歩ひいてみると、それぞれの教員のまわりには
各自のカラーにあった学生たちが集まっていたように思う。店の場所はやはりあれだが、
楽しかった。

2018/6/14
この雑誌、大丈夫?と疑ってしまう。ほったらかしは困る。

2018/6/13
Academist Journalから寄稿の謝礼として、Amazonギフト券をいただく。
ありがとうございます。


2018/6/12
動物学会では、シンポジウムでの講演、受賞講演、受賞内容に関するポスター発表と
かつてない慌ただしさになる模様。

2018/6/11
神経トレーサーの価格がまた上がっている。これしかない製品だし、足元見られている感
がいなめない。

2018/6/10
マラウィシクリッド論文、だいたいできた。実習が終わると研究がガンガン捗る。
朝から大量のメールを書く。決してスパムではない。
マラウィシクリッドの系統樹で、これってのが実は無いのか。

2018/6/9
academist JournalからAmazonギフト券を頂く。

2018/6/8
教育仕事に意識を持っていかれすぎて、案件を完全に忘れていた。松坂の力投で感動
している場合ではなかった。まずい。

2018/6/6
今度こそ、の思いを乗せて。再出撃。

2018/6/5
打ち上げ場所がイヤすぎて、返答を渋っている(せっかくなら、まともな店がいい)。

2018/6/4
日本動物学会から、「奨励賞」と「Zoological Science Award」をいただけることになった。
命がけでやっている研究を学会から評価していただけるのは、とてもうれしい。各地の
先生方からもお祝いのメールをいただく。
ダブル受賞なんて過去にあるのか、ちょっと気になる。

2018/6/2
ライオン、トラ、ジャガー、クマが動物園から一斉に逃げ出したら、それはパニックになる
だろう。ドイツでの話し。

2018/5/31
試問3回目。最後は力の限り付き合った。
リジェクトは本当に心をボロボロにしてくる。

2018/5/30
母校から思いがけない仕事の依頼。9月はヤバめな忙しさ。
横浜にも札幌にも行きましょう。

2018/5/29
やはりセ・リーグには勝てますね。5勝1敗。

2018/5/28
妙にハイテンションな学生とローな学生が入り交じる、実習ラスト3日。

2018/5/25
3次元解析ソフトをアップデートしたら、インターフェイスが大きく変わっていて
戸惑う。これはまた使えるようになるまでに時間がかかりそう。

2018/5/24
やりきったというよりは、まだ消化不良感が残る。叱られるな、きっと。

2018/5/23
唐突に下品ネタをぶちこまれ、うまい返しができず。

2018/5/22
ドジョウなんて、小学生の時に家の目の前の小さな川でたくさん捕った思い出がある
が、いまや準絶滅危惧種なのか。

2018/5/17
疲労が積み重なって吐き気がする。
精疲力尽の唄を歌おう。

2018/5/16
テレビ東京?イワシ?

2018/5/15
試問2回目。前回の印象は本当のようで、今年はよく勉強している人が多い。だが、
対戦したいグループがまだ残っている。

2018/5/13
最近、アフリカに渡る夢をよく見る。きっとこの書類のせいだ。
魚たちの刷新も急務。

2018/5/12
新入生研修の引率で、立山・室堂へ。素晴らしい天気で雪道を散策できた(めちゃ
めちゃ歩かされたが)。今日なら薄着でも問題ないくらい。ただ、学生さんらは雪の
大谷にはあまり興味がないみたい。一番奥まで行ったけど、出会ったのは2組のみ。
まわりは外人だらけ。

2018/5/11
講義。試問が目の前なだけに、淡々とした感じで。
○○メンバーというのは、ネタ的には面白いけど流行るのか?

2018/5/9
え?小学館の図鑑Z 日本魚類館が品切れ…だと…?関係者に連絡しよ。
悪質タックルから大学スポーツ全体の問題視をする記者がいるが、さすがに飛躍
しすぎ。論文なら間違いなくリジェクト。

2018/5/8
札幌に行くか、とても迷っている。Early bird specialsは目前。
先発全員の16三振は、さすがに。。。

2018/5/7
ここからは一気。この時期に睡眠時間が3時間きるとさすがにフラフラ。
きなくさ~い話しを聞いて、十分あり得るな、と思った。大人の世界はこわいのです。

2018/5/4
また査読依頼。やりますよーっと。

2018/5/3
Hushime。まだまだ戦う。

2018/5/2
アメリカに向けてリベンジ弾を発射。
今回のはしかは、いつ終息するのだろうか。

2018/5/1
論文の改訂が一気に進む。

2018/4/29
チューリップフェア。晴天だし、風も強くないし。

2018/4/27
奥歯の虫歯にセラミックを入れてはいけない!絶対に!!割れる!!!

2018/4/26
研究チームの再編をしなければならない。誰をスカウトするか。残り時間は少ない。

2018/4/25
睡眠不足がバリバリでキレキレのハイテンション。

2018/4/24
とある会議。自分がでてる意味があるか、とても疑問。でも仕事。
共同研究者の訃報に驚いて落胆。悪い冗談じゃなかろうか。言葉が出ない。

2018/4/23
Discussionの書き出しを悩んでいたのだが、やっと光明が見えてきた。考え続ける
時間がとれなくて、すぐ思考が寸断されてしまうのが原因なのは分かっている。

2018/4/22
今年のライオンズは本気で強い。深夜のニュースで今日も勝ったか、となるのは
本当に久しぶり。気分が良い。

2018/4/20
最重要書類を書き上げる。

2018/4/19
一回目の口頭試問。全体的なレベルとしては良かったと思う。終了は20:50。
しばらくしゃべりたくないくらいの超絶疲労感。

2018/4/18
小レポートの添削が驚くほど手間がかかる。まいったな。


2018/4/16
教養科目での講義。今年からは3キャンパスが合同で教養科目の講義が開始された。
ただ、初年度だからというのは言い訳にならないようなシステムミスが続発している
模様。受けたい講義の第1希望から第5希望からまで全て落選、ってほんとかいな。
教養を一科目も落とせないって、ほんまかいな。
午後からは実習のダブルヘッダー。

2018/4/12
「思いつきで何でも変えてはダメ」という指摘が、本当すぎて面白かった。


2018/4/11
来週の五福での教養科目、教室はどこだろう。全然分からん。講義内容はだいたい
固まった(聞いてて面白いかは別)。
胃が完膚なきまでにヤラれているようで、最後は立っていられないほど。


2018/4/10
身体とタイムスケジュールが実習バージョンにまだ変わりきってなくて、かなり
キツい。毎年、この時期に色々と並行してやりたいけど、いつもめげそうになる。

2018/4/6
シクリッドの歯の写真がめっちゃ面白い。新しい発見もあったし、論文の内容には
ぜひ加えよう。

2018/4/5
ラボのお花見。桜もキレイだったし、なんだかたくさん食べてしまった。

2018/4/4
家の中でパンデミックがはじめて起こった。パニックになる。

2018/4/2
解剖実習開始。今年の2年生はどんな感じだろうか。とりあえず、遅刻無しで
お願いしたい。
苦慮した書類を送ってしまう。現状打破したい。

2018/4/1
日曜なのに科研費の結果がでていた。文科省、仕事するなぁ。
昨年度の報告書の作成から、新年度スタート。